茨城創価学会の歴史、平和・文化・教育への活動、池田大作名誉会長と戸田第二代会長を紹介します。

大洗 寿地区が震災後初の座談会を開催!

茨城県・大洗町では、津波被害の大きかった寿地区(本図地区部長、川崎婦人部長)が、震災後初となる座談会を開催。同志との久々の再会に喜びの笑顔が広がった。

未来部コーナーでは、自宅が津波で浸水した小学5年の川崎さんが、互いに助け合う人の心に触れ、「思いやりの大切さを学びました」と元気いっぱいに発言。阪神・淡路大震災の経験を生かし、部員の安否確認に奔走した男子部部長の関根さんが、地域の復興に貢献しゆく決意を力強く語った。

また、「母の日」を記念し、壮年・男子部の参加者が全員で「母」の曲を合唱。婦人部一人一人に、一輪のカーネーションが贈呈される感動的な一幕もあった。

激励に駆けつけた石川第1茨城総県総合長は、不屈の心で前進する大洗の友の奮闘をたたえると共に、”最も苦しんだ人こそ最も幸福になる権利がある”との池田名誉会長の信念を紹介。師と共に、幸福の大道を歩み抜こう、と激励した。

(2011年5月23日 聖教新聞掲載)